人という監獄から解放された牛。その喜ぶ姿にあなたは何を感じますか?

人間は人間の為に、牛や豚、鳥など生き物を飼育してきた。こちらの動画は人間から解放された瞬間の牛。これを見てあなたは何を感じるだろうか?解放の様子は55秒から見て頂きたい。

(動画は英語なので要約を下記に記します。翻訳者Whats)

今まで子供を産み、乳を提供することを強いられて生きてきた乳牛たちは、その能力を失うと、いらないものとして扱われてきた。
牧場は、経済的な理由から、生殖機能、牛乳を作る機能を失った彼らを、殺してきた。
2013年に、ケルン近郊で約25体の乳牛がその末路をたどろうとしていたところ、Ankeさんたちは、それらの牛を引き取り育て始めた。
解放された彼らはどんなに幸せに見えるか。
Ankeさんの息子も、やさしい動物たちが人間に牛乳を与えてくれたのに、幸せに年をとって、残りの寿命をまっとうできないでいるのは悲しいことだと言っている。
私たちは、人間の為に働いてくれた、この牛たちに感謝するべきなのに。


多くの人にこの取り組みを知ってもらいたい。