お弁当の中は空っぽ...親がいない寂しさを埋めた「仲間の思いやり」に感動する

お昼ご飯の時間になって、お弁当箱を開ける小学生たち。しかし、一人の男の子がお弁当箱を開けてみると中身は空っぽです。男の子はお昼ご飯の時間が気まずくなったのか、教室の外で時間をつぶすことに。やがて教室へ戻ると、男の子にまさかの出来事が待っていました...!

▼これはノルウェーの児童養護施設が公開したCM。生徒たちの思いやりがとっても素敵です!

出典:Bufdir Barne-, ungdoms- og familiedirektoratet

〈文: Whats編集部〉