プロジェクションマッピングをリハビリにも応用。患者も癒す「VRの波」が素敵!

2月19日まで行われていた名古屋造形大学卒展に展示されていたこちらのプロジェクションマッピング。壁と床面にとてもリアルな白浜の波打ち際が映し出されています。制作した浅野博善さんによると、スペースと電源さえあれば設営可能とのこと。病院などのリハビリの現場に設置して、「患者が歩きたいと思える場所」を作り出し、精神的な負担を減らすことを視野に入れて研究・開発をしたんだとか。
プロジェクションマッピングで患者が元気になるような仕組みを作り出すなんて、とっても素敵ですね!

出典:浅野博善

〈文: Whats編集部〉