雪道をゆっくりとわだち走行、それでも起こったスリップ事故にヒヤり

雪道を走る車の車載カメラが捉えた事故の映像がこちら。雪の降る山梨県道24号都留道志線を走っていた1台の車。滑らないように運転手がわだち走行と低速運転を心がけているのが車載カメラからでもわかります。それでもカーブに差しかかると、ハンドルが取られてブレる走行。次の瞬間、車体は車道脇の壁に激突してしまいました。
こんなに安全運転をしていてもスリップは起こるのか...!雪道では細心の注意を払って走りたいものです。

出典:toto yuyu