「勝利よりも大切なもの」トライアスロン世界一の鉄人が素晴らしい兄弟愛を見せる

リオデジャネイロ・オリンピックで金メダルを獲得したトライアスロン選手の紳士的な姿が話題になっています。

9月15日〜20日、メキシコのコスメルで行われた「ITU世界トライアスロンシリーズ・グランドファイナル」の模様。
ゴールを目の前にして走っているのは、リオデジャネイロ・オリンピックのトライアスロンで金メダルを獲得したアリステア・ブラウンリー選手。ゴール間近、目の前には弟のジョニー・ブラウンリー選手が。しかし、その様子は体力・気力が底をついてフラフラ。それを見たアリステア選手はジョニー選手に肩を貸し、弟を励ますように並走。ゴールを切る直前にはアリステア選手がジョニー選手の背中を押して、先にゴールをゆずります。
勝つことよりも、人を想う気持ちやスポーツマンシップを大事にしたアリステア選手。それこそが世界一になる理由なのでしょう。

出典:Working-Out 101