原発の脅威にさらされたチワワと柴犬。警戒区域での救出劇

東日本大震災により、原発20km圏内の警戒区域に取り残されたチワワと柴犬。2匹はかなり怯えていて「大丈夫だよ。」と、動物愛護団体ANGELSが助けにきますが...。

チワワは威嚇しながらも、その体は震えていました。この後、なんとか職員たちに保護され、今でも元気に暮らしているということです。