深刻な皮膚病で虫がたかっていた犬を保護。献身的なケアで見違える姿に!

インドの動物保護団体が、ひどく皮膚がただれ、体中に虫がたかっていた野良犬を発見します。もはや自分の力では動けないほど症状は重くなっていました。すぐさま保護した彼らは、手で優しく体を洗い、薬を塗り続け、毎日献身的にケア。1ヶ月半後には、見違えるほどの姿になりました。

保護団体の愛を受け、すっかり元気になるまで回復したワンちゃん。これからは幸せに生きていって欲しいですね。