「おねがい助けて!」ダイバーに近づいてきたイルカ。その理由とは?

ハワイの沖合で、マンタの群れを撮影していたダイバーのそばにやってきた、一匹のイルカ。

ダイバーの周りをぐるぐると旋回しはじめるのですが、一人のダイバーが異変に気付きます。

http://d1qlca5e457bai.cloudfront.net/uploads/e9e8ad0b-d579-4640-ac81-d1b3ec5b19cc.jpg?v=1445644977

イルカのからだに絡まった、釣り針と糸

なんとイルカのからだには、釣り針と糸が絡まっていたのです。

http://d1qlca5e457bai.cloudfront.net/uploads/b05b5af3-1d7f-43a9-8e24-258a00bf580c.jpg?v=1445644977

すぐに糸を外しはじめるダイバー。巻き取るのにはハサミが必要なほど。

http://d1qlca5e457bai.cloudfront.net/uploads/c6884674-2301-4865-a8bc-20511f89f523.jpg?v=1445644977

糸は口にまで、まとわりついていました。

http://d1qlca5e457bai.cloudfront.net/uploads/716096c9-9c02-432b-b2d0-47a3292e265b.jpg?v=1445644977

人間によって海に捨てられた資源ゴミや廃棄物は、大昔から海に暮らす生物を苦しめ続けてきました。人間のせいで辛い思いをしている動物を救えるのもまた、我々人間。

今回のイルカのように、人間に助けを求めている動物はたくさんいることでしょう。一匹でも多くの動物を救えるように、知恵と工夫を凝らさなくてはいけませんね。